ジャーナルスタンダードファニチャー|journal standard Furniture | JFK OTTOMAN UTILITY canvas ジェーエフケーオットマン ユーティリティキャンバス の詳細・購入ページ




2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
ONLINE STORE 定休日
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
ONLINE STORE 定休日

 
journal standard Furniture | JFK OTTOMAN UTILITY canvas ジェーエフケーオットマン ユーティリティキャンバス journal standard Furniture | JFK OTTOMAN UTILITY canvas ジェーエフケーオットマン ユーティリティキャンバス
journal standard Furniture | JFK OTTOMAN UTILITY canvas ジェーエフケーオットマン ユーティリティキャンバス journal standard Furniture | JFK OTTOMAN UTILITY canvas ジェーエフケーオットマン ユーティリティキャンバス

journal standard Furniture | JFK OTTOMAN UTILITY canvas ジェーエフケーオットマン ユーティリティキャンバス

code:js_f1816
brand:ジャーナルスタンダードファニチャー
price

円 (taxin

円)
info
point2,430 pt
qty
アイテム
カートへ入れるすぐに購入
送料無料 メーカー直送 代引不可

SPEC / 仕様 ---
材質:ウッド、ファブリック
サイズ:W700mm D550mm H390mm
備考:ヴィンテージ感のある仕上げをしています。塗装ムラなどは商品の特性ですのでご了承下さい。

SHIPPING / 配送 ---
納期:通常5〜10日
配送:通常宅配
備考:こちらの商品はメーカー直送のため、代引きは御利用いただけません。
売り違いによる欠品の場合にはお時間をいただく場合がございます。


カバーリングを変えることで表情が一変するjournal standard Furniture のカバーリングオットマン「JFK OTTOMAN (ジェーエフケーオットマン)」。
「UTILITY canvas(ユーティリティキャンバス)」の定番ファブリックであるキルトブランケットをカバーに仕立てたコラボレーションソファです。

「UTILITY canvas」は、1990年にニューヨークで Classic Field Bag を製作して以来、キャンバスのありとあらゆる可能性を探究しているキャンバス一筋の老舗ブランド。
今回のカバーは商品化までに2年の歳月を要し、このオリーブグリーンはオリジナルカラー仕上げで、「UTILITY canvas」のキルトブランケットをソファカバーに用いたのは世界初になります。
その「JFK SOFA 」は、journal standard Furnitureが新しいスタンダードな形としてデザインしたソファ用のオットマンです。
こだわりのシートクッションには厚みと堅さの異なるウレタンを6層構造に重ね、クッション下には耐久性の高いSバネを仕込み、絶妙な座り心地に仕上がっています。
その座り心地は、ゆっくりと一定まで沈み込み、そこで体をやさしくホールドしてくれるような感じで、また、決して柔らかすぎないので長時間座っていても疲れないシートです。
JFKソファに合わせてお使いいただく以外にも、リビング、玄関先などでのスツールとしてお使いもいただけ、 カバーリングタイプのソファのため、日々のお手入れや、汚れてしまった場合のクリーニングのメンテにも優れます。


ジャーナルスタンダードファニチャー
journal standard Furniture:ジャーナルスタンダードファニチャー
アパレルメーカーが手がけるファニチャーブランドjournal standard Furniture。
ジャンルやカテゴリーに捕らわれない、ファッションの様なスタイリングを発信するニューコンセプトのファニチャーストア。
時流を加えたファッションのようなスタイルを提案するJOURNAL STANDARDのインテリアショップ。
ヴィンテージを今に解釈したスタンダードなオリジナルアイテムと、トレンドが感じられる国内外の旬なブランドを組み合わせたテイストミックスのスタイルを提案しています。