馬場忠寛|馬場忠寛 | 南部鉄器 鍋敷き マロニエ の詳細・購入ページ





2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
ONLINE STORE 定休日
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ONLINE STORE 定休日

 
馬場忠寛 | 南部鉄器 鍋敷き マロニエ 馬場忠寛 | 南部鉄器 鍋敷き マロニエ 馬場忠寛 | 南部鉄器 鍋敷き マロニエ 馬場忠寛 | 南部鉄器 鍋敷き マロニエ
馬場忠寛 | 南部鉄器 鍋敷き マロニエ 馬場忠寛 | 南部鉄器 鍋敷き マロニエ 馬場忠寛 | 南部鉄器 鍋敷き マロニエ 馬場忠寛 | 南部鉄器 鍋敷き マロニエ

馬場忠寛 | 南部鉄器 鍋敷き マロニエ

code:ms_f1661
brand:馬場忠寛
price

4,500

円 (taxin

4,860

円)
info
point145 pt
qty
カートへ入れるすぐに購入

SPEC / 仕様 ---
材質:南部鉄
サイズ:約φ165mm H20mm
備考:手作りでの生産のため色目や質感に多少の個体差がございます。
Made in JAPAN

SHIPPING / 配送 ---
納期:通常約1〜3日
配送:通常宅配
備考:売り違いの欠品時、数量が多い場合などにお時間をいただく場合がございます。


1970年頃にクラフトデザイナー馬場忠寛氏によりデザインされたもので、盛岡・南部鉄器の鍋敷き「マロニエ」です。
馬場忠寛氏は、日本クラフト協会の理事長を務めるなど、デザインの普及と地方産業の活性化に力を注いできたクラフトデザイナーで、岩手県盛岡市の伝統工芸である南部鉄器のデザインにも古くから取り組まれ、これらの作品の多くは1970年代にデザインされたものです。
伝統的な鉄瓶が主だった当時としては斬新かつモダンだったために多くの人の目に触れることなく製造が終了していました。
長い間眠っていた作品を1990年代にMEISTER/マイスターが復刻を手掛け、現在も当時と変わらぬ方法で製造されています。
そこにあるだけでオブジェにもなるデザインは、見事なまでに現代にマッチし、デザインを通して南部鉄器の良質を伝えてくれます。


マイスター
MEISTER:マイスター
インテリアデザインやオリジナルの家具、小物などをリリースするモダンデザインの先駆け的ショップ。海外でのショーなどにも出展し、国内外から大きな支持を受けている。
コンセプトは「日本から発信するモダンデザイン」。日本の伝統工芸から生まれたもの、職人の技術と現代アートとのコラボレーションによる作品などを多数デザインしている。  
南部鉄器
岩手は、豊富な資源と北上川の水運の便にめぐまれ、古くから鋳物作りが盛んな町で、17世紀中頃、南部藩主が盛岡に釜師を招き、茶の湯釜をつくらせたのが南部鉄器の始まりといわれている。
繊細な鋳肌と重厚な味わいのある着色が特徴の南部鉄器は、優れた品質により、日本の代表的伝統工芸品として揺るぎない地位を築いており、日本的伝統美のひとつとして近年さらに評価を高めている。