ランドスケーププロダクツ|Landscape Products | Leg Splint Keyholder レッグスプリントキーホルダー の詳細・購入ページ





2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
ONLINE STORE 定休日
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ONLINE STORE 定休日

 
Landscape Products | Leg Splint Keyholder レッグスプリントキーホルダー Landscape Products | Leg Splint Keyholder レッグスプリントキーホルダー Landscape Products | Leg Splint Keyholder レッグスプリントキーホルダー Landscape Products | Leg Splint Keyholder レッグスプリントキーホルダー
Landscape Products | Leg Splint Keyholder レッグスプリントキーホルダー Landscape Products | Leg Splint Keyholder レッグスプリントキーホルダー Landscape Products | Leg Splint Keyholder レッグスプリントキーホルダー Landscape Products | Leg Splint Keyholder レッグスプリントキーホルダー

Landscape Products | Leg Splint Keyholder レッグスプリントキーホルダー

code:lp_o1251
brand:ランドスケーププロダクツ
price

8,000

円 (taxin

8,640

円)
info
point259 pt
qty
カートへ入れるすぐに購入

SPEC / 仕様 ---
材質:真鍮
サイズ:w100mm x d12mm
備考:Made in JAPAN
ブラス(素地仕上)、ブラック(酸化仕上)からお選びいただけます。 

SHIPPING / 配送 ---
納期:通常約1〜3日
備考:売り違いによる欠品の場合にはお時間をいただく場合がございます。


ミッドセンチュリーデザインの代名詞であるイームズの残した名作デザインのひとつ「Leg Splint」を模したキーホルダーです。
元々、「Leg Splint(レッグスプリント)」は戦時下で脚を骨折をしたアメリカ軍兵士を搬送する際に使用される「あて木」としてデザインされたものでしたが、 終戦後に次々に発表されるプライウッドの名作椅子達がこの製品のために開発された技術の応用によるものとご存知ない方も少なくありません。
戦争という負の遺産を親に持ちながら、その形状のユニークさと美しさから90年代には名作プロダクトとして改めて注目され、いまではイームズ愛好家のためのコレクションピースとして知られています。
そんな「Leg Splint」へLandscape Productsのリスペクトから生まれたのがこのキーホルダー。
美しい原型製作で知られるジュエリーブランド「Proof of Guild」に製作を依頼し、実物を模したLeg Splintを真鍮で製作しています。
無垢の真鍮でつくらているので、使えば使うほど傷や緑青が味わいを増してくれます。
現物はかなり大きな物ですが、こちらのキーホルダーでは丁度手のひらサイズ。名作をいつも持っておくことができます。
カラーは素地の真鍮色の「ブラス」と酸化色の「ブラック」からお選びいただけます。


ランドスケーププロダクツ
Landscape Products:ランドスケーププロダクツ
1997年に設立された中原慎一郎氏を中心に結成されたデザイン集団。
店舗内装などのインテリアデザイン、1940〜60年代のモダンデザインをルーツに、オリジナル家具や小物も展開し、シンプルでありながら洗練されたデザインはランドスケーププロダクツならでは。
2000年には渋谷区神宮前にて、のちの旗艦店となる「Playmountain」をオープン。
また積極的にモダンデザインに関する展示会を開催、「イームズ・デザイン展」の会場構成をはじめ「民藝とランドスケーププロダクツの出会い」展、プレイマウンテン内での「ジラルド展」や「ポール・ランド展」、「ジョージ・ネルソン展」などによってデザインの魅力を発信してきた。
現在は家具の製造販売のみならず、住宅・オフィス・店舗の内装デザイン、直営店展開、さらにはエキシビションやイベントのプロデュースやディレクション、編集/出版、ブランディングと活動範囲を広げています。