ヴォーンベダルフ|Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール の詳細・購入ページ




2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
ONLINE STORE 定休日
2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ONLINE STORE 定休日

 
Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール
Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール

Wohnbedarf | Ulm Stool ウルムスツール

code:mc_f1480
brand:ヴォーンベダルフ
price

36,000

円 (taxin

38,880

円)
info
point1,166 pt
qty
カートへ入れるすぐに購入
送料無料 メーカー直送 代引不可

SPEC / 仕様 ---
材質:スプルース(米唐檜)、ビーチ
サイズ:W390mm D290mm H440mm
備考:無塗装の無垢材を使用していますので、木目などは個体差があります。
Deisgned by Max Bill,Made in Swiss

SHIPPING / 配送 ---
納期:通常約3〜5日
配送:通常宅配
備考:メーカー直送品のため代引きはご利用いただけません。
輸入元在庫欠品の場合はお時間をいただく場合がございます。


Max Bill (マックス・ビル)デザインのUlm Stool (ウルムスツール)です。
1953年、旧西ドイツのウルムに開設された「ウルム造形大学」は、バウハウスの理念を継承する革新的な教育機関でした。
その初代学長をつとめたマックス・ビルが、学生達のために1954年にデザインした多目的スツールです。
ワークテーブルや講義、カフェテラスなどに使えるスツール、サイドテーブル、持ち歩きやすい機能に、書籍をのせるトレイとしての機能など、多目的な要素をデザインに集約し「ウルムスツール」は誕生ました。
当時のウルム造形大学では、それらの機能通り、椅子としてはもちろんサイドデスクや踏み台、また横向きにしてラック、さらに逆さまにして教科書の持ち運びなど幅広い場所で使用されていました。
耐久性と使い心地を両立させたこの「ウルムスツール」クギを一切使わない木組み工法で作られています。 「組継ぎ」「相互矧(は)ぎ」「くさび細継ぎ」と様々な技法が使われ、強度の必要な部分には硬い材(ビーチ材)を用いるなど、細部にまでこだわって作られています。
また、無塗装での仕上げのため、色目が年月によって変わっていく経年変化を楽しんでいただけます。
無駄を極限までそぎ落としたミニマルなデザインは、バウハウスの概念をそのまま受け継いだ象徴的スツールといわれています。


METROCS(メトロクス)
METROCS:メトロクス
ボビーワゴンを生産するB-LINE社の総輸入代理店をはじめ、ヨーロッパや日本に誕生した良質なデザインプロダクトを再生産する復刻事業や、これからの時代を担う新しいプロダクトを創り出す企画等を手掛けている。
Max Bill:マックスビル
スイス、ヴィンタートウールに生まれ、1994年没。
1924年から1927年にかけてチューリッヒで彫金の修行をし、その後、バウハウスでカンディンスキーやクレーのもとで学ぶ。1929年以降、画家、彫刻家、グラフィックアーティスト、建築家、そして後には工業デザイナーの顔ももつことになるが、当初は画家としての活動がメインだった。この時期の幾何学的且つ抽象的な作品の一つとして、「一つのテーマに対する15のバリエーション」(1935年-1938年)がある。
バウハウスの精神を継ぐべく、ウルム造形大学設立にも尽力。彼の言葉を引用すると「アートはかなりの部分、数学的思考によって作ることができると考える。私は数学を数字と記号のみを使った科学とみなすが、一方、アートは美の研究あるいは理論である美学を扱う、美に対する心理的反応であると思う。即ち、(アートは)数学のアンチテーゼなのだ」。
現代美術の主要コレクションにマックス・ビルの作品は欠かせないのである。